toggle

ABOUT

「富岡町について」

 震災/原発事故によって避難指示区域となった福島県富岡町は、2017年4月1日に帰還困難区域を除いて避難指示が解除。2年目となるこの春には、学校の再開や医療センターの開所など、新たな町として少しずつ機能し始めました。
 全国的な観光名所でもある夜ノ森の「桜のトンネル」は、7割が帰還困難区域にあり、解除された部分とバリケードで分断されましたが、桜並木を中心とした「さくら祭り」も2017年に復活し、町民の心の拠り所となっています。

「音楽のチカラで」

 富岡町の立地は福島県浜通りの中央にあり、イチエフとニエフにはさまれたこの地から、“音楽のチカラ”で再生に突き進む環境を盛り上げたい!” という想いを込め、 今年度より、夏の開催イベントとして『とみ ROCK』をスタートします。
 一時は全町避難により、誰も住む人がいなくなった町が、今、ここまできたという途中経過を、来てくれた方達にも実際に見て感じてもらい、さらに音楽を楽しむというイベントを開催することで、この地に元気をもたらし、原発事故による風評払拭の一環にも繋げていきたい。そう考えています。

「富岡は負けん!」

 『とみROCK』は来年2019年度からは、通常の有料イベントとして、今後も継続的な開催をしていく方向です。今年はそのプレイベントとして、入場無料とし、まずは富岡町を知ってもらい、音楽のチカラでこの地のゼロからのスタートを後押ししていきたいと思います。
 富岡町はいかなる困難からも立ち上がっていく姿を見せ続けます!『富岡は負けん!』
※今年度のみ限定1,000人で入場無料開催。来年2019年度から、有料を予定しております。
 

震災後の富岡町

2011年3月 東日本大震災および原発事故による影響で全町避難。
2011年4月 全域が警戒区域に制定。
2013年3月 警戒区域から「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の3区域に再編。
2017年4月 「帰還困難区域」を除いて避難指示解除。